名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

こんにちは。谷口です。

最近寒くなり乾燥が目立ってきていますが

皆様大丈夫ですか?

 

肌の乾燥で保湿を使うと思いますが、今日はその保湿について

よく聞かれる3つの質問に答えていきます!!

 

 

Q1.濃度が高いものほど保湿力はある?

 

A.濃度を知りたくなってしまう人が多いようですが

濃度は表示されていませんし、メーカーも基本的には濃度は

明かさないので分らない事が多いのです。

 

見た目でねばねばとして粘度の強いものは「濃い」イメージを

与えるようですが、そうとは限りません。

 

また、濃度だけでなく基剤の問題もあり、

同じセラミド配合の美容液でも基剤によって効果の現れ方は

違ってくるのです。そのため、濃度が高い方がよいとも一概には言えません。

 

 

Q2.サラッとしているものよりもねばねばした方が

濃くて良く効く?

 

A.原液化粧品などがブームになった頃から

ねばっこい化粧品が人気になりましたね。

 

ねばねばしたものは「濃い」ように見えるので

効きそうな感じがするのでしょう。

 

増粘剤という粘り気を与える物質があり、それを加えると

化粧品をねばっこくする事はいくらでもできるのです。

料理に片栗粉やくず粉でとろみをつけるようなものです。

 

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分の場合は

濃度を高めると粘り気が出ますが、そう見せるために

増粘剤を加えてしまっている化粧品も実際あり

見分けるのは難しいものです。

 

また、ビタミンなどの成分は濃くしても粘り気は出ません。

高濃度ビタミン原液をうたうようなねばねばの化粧品は

増粘した基剤にビタミンを添加したものという事になります。

 

化粧品の濃度は見た目ではわかりません!!

 

Q3.1本でOKとは?

 

A.洗顔後はこれだけつけておけばよい

というようなワンステップの保湿美容液があり

手軽さやお得感などから人気があるようです。

また、一本だけで良いという事は肌に必要なものを全て含んでいる

パーフェクトなものだというようなイメージも与えます。

 

正しい保湿をして乾燥に負けない肌になりましょう!!

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP