名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

こんにちは、大野です!

私は膝の施術を得意としているので、しばらくは膝をテーマとしたブログを書いていきます。

 

先日対応した患者様

 

膝が痛くなり、病院で水を抜いてもらったところ1回目は良かったが、2回目抜いてもらってからは激痛が出始めたとのこと。

 

水がたまると言うこと=身体が負担から守るための反応だと言う事を、靴擦れで水ぶくれができる事を例に挙げて説明しました。

 

水がたまると言うことは、結果であって原因ではありません。

 

膝に負担をかけて、水がたまるようになってしまっている原因を取り除いてあげなくては解決にならないのです。

 

この患者様の場合はおしりの筋肉が異常に硬くなり、股関節が上手に動いていないことによって膝に過度の負担をかけてしまっていました。

 

膝を触ることなく、股関節の調整で痛みが大幅に軽減しました。

 

その後、足首の調整を行うと、歩くのが苦でなくなるほど改善しました。

 

膝を触られていないのに痛みが軽減したことに喜んで頂けて、原因についても理解をして頂けたようで良かったです。

 

この様に痛みの原因は、痛めている部位以外にあることが多いです。

 

長年の膝痛でお悩みの方は、ぜひ一度ご連絡くださいませ。

 

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP