名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

こんにちは、大野です!

 

今回も膝の痛みについてです。

 

ひざのお悩みで多いのが、階段を降りる時に痛みが出るという事です。

では、この時身体にはどの様な事が起きているのでしょうか?

 

階段を降りる時にひざの周辺で体重を支える筋肉は、ひざの上の内側の筋肉(内側広筋)、脛の筋肉(前脛骨筋)、膝裏の筋肉(膝窩筋)です。

 

これらの筋肉が硬くなってしまう事で、体重を支える働きが弱くなってしまい関節に負担がかかるって痛みが出やすくなるのです。特に関節周辺の奥の筋肉がゴリゴリと硬くなっていることが多いです。

 

硬くなってしまっている筋肉を緩めて、筋肉の持っている本来の力を取りも出させてあげることで、痛みが出ない身体になります。

 

病院や治療院などで良くならなかった場合には、奥の筋肉のゴリゴリが取り切れていないケースがありますので、ぜひ一度ご相談ください。

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP