名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが、夏場でも服装や食事が「冷え」に対して無防備になりがちで、低めの温度のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより、体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。夏が終わり、体には夏の疲れが溜まっているうえ、昼夜の気温変化も激しくなります。季節の変わり目には、しっかりとした体調管理をしないと「冷え」による思いがけない体調不良につながります。
こんな症状ないですか?

・身体がダルくやる気がおこらない…
・なかなか寝付けず、眠りが浅い…
・消化不良をおこす…
・手足や腰周りが常に冷たい…
・食欲がない…

エアコンを長時間使用していると、自律神経系の交感神経が働き、体温を体の中から逃がさないように血管が収縮します。このため血流は悪化して、冷え症を起こすのす。このため血流は悪化して、冷え症を起こすのです。また、自律神経の乱れは、他にも基礎代謝や新陳代謝を低下させてしまいます。

改善していくためには…
・首、手、足から冷えるので、その部分の保温をしっかりと!
・寝具は長袖、長ズボンなどに切り替え、睡眠中に身体が冷えないよう意識!
・エアコンの使用は極力避けて、設定温度も高めに!外気との温度差は5度以内に)。
・ウォーキングやストレッチなど軽い運動を強化!
・38~40°のぬるめのお湯で半身浴をし芯からポカポカ!
・十分な睡眠

寒暖差が続く日がありますが、乗り越えて快適な毎日を送ってもらえたら嬉しいです(*^^*)スリムバーニング・セルライトゼロ32

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP