名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

この季節に今までになかった肩こりや、首の重さが出る患者さんがいます。

 

寒さで鼻水が出て鼻をすすったり、せき込んだりすると、いつもとは違う呼吸を行うことになってしまい、普段使わない筋肉を使います。この時に使われる筋肉が肩こりや首の辛さを引き起こすのです。

 

鼻をすする時には、肩や首周りの筋肉に力が入ったり、顔の筋肉にも力が入ってしまうため、筋肉の緊張から肩こりなどにつながります。

 

咳も頻繁に行うと横隔膜や肋骨周辺の筋肉が固くなってしまい、通常通りの呼吸が出来なくなってしまい、首周りの筋肉を使って呼吸をするようになってしまいます。

 

一回一回の負担は小さくても冬の期間の積み重ねが緊張を作り、症状を出してしまいます。中にはそのまま花粉症シーズンに入ってしまいさらに悪くなってしまうという方もいます。

 

原因に心当たりがない肩こり、首痛などがある方は、ぜひ一度ご相談ください。思いがけないところに原因があるかもしれません。

 

大野

 

 

 

 

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP