名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

 最近は長く降る雨は少ないものの、曇りの日が多くすっきりしない天気のことが多いですね。そんな天気の時には、問診時に患者さんの方から

「気のせいかもしれないけど、天候のせいか頭痛がする。肩こりで体調がすぐれない。」といったお声を耳にします。 

これって気のせいではないのです!今回は天候と頭痛の関係についてお答えします。

  天気予報を見ていると耳にする「高気圧、低気圧」という言葉がありますが、これらは気圧の変化を表していて、これらが体調に影響をあたえるのです。

 地球上で生活していると、私たちは常に「気圧」の影響を受けながら生活しています。

 私達の身体は大気の圧力(気圧)を常に受けているので、自分の生活しやすい状態をキープするために、自分の体からは気圧を押し返す力を出しています。自分が出す力と気圧のバランスが取れている状態では不調無く過ごすことが出来ますが、気圧の変化についていくことが出来ないと体調を崩してしまいます。

 

  天気が悪い低気圧の時には、身体にかかる圧力が弱くなるため、血管は通常の状態より広がりすぎて、血液の流れが良すぎる状態になってしまったり、血管は広がろうとしているのに筋肉が固くて邪魔して負担をかけてしまったり…。と言った状況が頭で起こると頭痛の原因となります。

 

気圧の変化について行けなくなってしまう理由としては

 1.気温の変化にあわせて体温調整を行う事による自律神経の疲労

2.筋肉が固くなり、変化についていくだけの余力がない

3.天候が悪いことによる気分の問題

 

等が挙げられます。

 

 1番と2番に関しては、骨盤矯正・整体を行うことで不調が出ないようにしていけます。「自律神経も?」と思うかもしれませんが、皆様の思っている以上に身体が自律神経にかける負担って大きいのです。身体のゆがみや筋肉の固さがある状態では、知らず知らずの間に、身体の各部分に必要以上の負担をかけてしまい、それらが自律神経を疲労させます。

身体の不調がなくなれば、自律神経にも余裕が生まれ、気圧の変化にもついていけるようになるわけです。

 

今までは低気圧時の話をしてきましたが、高気圧の時には身体が酸素を取り込みやすい状態になるので、身体は元気になりやすいです。(酸素カプセルに入ってるのと同じ状態ですよ!)

 

最近理由はわからないけど、体調がすぐれない。そんな方はぜひ一度セレンディピティまでご連絡ください!

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP