名古屋市守山区で整体ならセレンディピティ 。新守山駅徒歩1分

こんにちは、大野です。

 

何で骨盤が歪んでしまうの?姿勢が悪くなてしまうの?と言う質問を頂きますが、原因の一つとして重心が偏ってしまっていることが挙げられます。

 

例えば立っている時に、片足に体重をかけていませんか?片方の足ばかりに体重をかけてしまうと、かけてる側の足に負担がかかり筋肉を固くしてしまい、それが原因で歪みが発生します。

 

また、脚の前側、外側などかける場所によっても出る反応は様々です。

 

立っている時にはかかと、母指球(親指の付け根)、小指球(小指の付け根)の3点に均等に体重がかかってるのが良いといわれています。

 

専門の機械で測定すると、かかとばかりに体重がかかってしまっていて後ろ重心になっている人が多いようです。

 

親指、小指を地面につけて立ってみることを意識してみてはいかがでしょうか?

名古屋で整体や骨盤矯正ならセレンディピティ へ PAGETOP